バリに癒される。ウブド大好き!

初めてバリ島へ行ったのはもう20年ほど前です。パッケージツアーで観光も付いていないフリーなものでした。4泊6日とかのごくごく普通な旅行でした。その後、こんなにもリピートするようになるとは思いもよりませんでした。

はじめは、パッケージツアーの中から選択する海沿いのリゾートホテルでしたが、そもそもバリ島に興味を持ったのはウブドという山の中、結構遠いので車を使わないといけない場所です。そこでホテルの方にカーチャーターをお願いして私だけのワンデーツアーを決行しました。思ったっとり、私はウブドがとても気に入って、その次のバリ島ではウブドの小さなお宿を予約して山の中のリゾートに滞在しました。滞在中に、ほかの宿を探索して次回はここへ泊ってみようとか、ネットでいろいろ検索してみたり、ウブドにドップリはまりました。その頃は夜8時になるとあちこち店じまいになる時代だったので、夕飯は早めに済ますことが多かったです。ホテルのスタッフさんに、このへんでみんながお気に入りの店はどこ?と聞いて、連れてってもらったりもしました。テイクアウト、バリではブンクスと言いますが、お持ち帰りもできます。私は豪華なホテルライフではなく、不便が少しあってでもバリらしくというお宿が好きなので、ウブドは持ってこいの場所です。とはいえ、セキュリティー面は重要と思っていましたので、やはり外国ですから自分自身も気を引き締めて滞在するようにしてました。

初めての方には、ぜひカーチャーターがおすすめです。事前にガイドブックで行きたい場所をピックアップしておいて、現地のガイドさんと相談しながらルートを決めるのがいいと思います。中にはボッタクリもあるそうですが、ネットで事前に情報やだいたいの金額もわかると思うので、準備が大事だと思います。また、行ったことある友人の口コミやバリ在住の日本人の知り合いなど、役立てるものがあると思います。私の最近のおすすめはギリ島でした。めちゃめちゃ青い緑の海、どこを見てもきれいな海、山派だったので久々のこんなきれいな海に感動しました。シュノーケリングも久々にチャレンジして、ウミガメとか魚を追いかけました。ばんばん日焼けしますので、日焼け止め必須ですが、色白命の方にはムリでしょうね。夜はビーチ沿いにイカンバカールの屋台が出て、新鮮な魚介類とビンタンビールで大満足!帰り際、マッサージ店の引き込みにあい、値段交渉ありでお得に疲れた体をほぐしてもらいました。おみやげですが、会社のばらまきみやげとしていつも買うのはジンジャーボン飴。日本のしょうがより辛みが強いバリのジンジャー、喉にもいいです。あと、サンバルのミニサイズ。帰国してこれを出しておくと、みんな喜んでくれます。

なんといっても、グラブ、ゴジェック。移動手段にかかせないくらい便利です。バイクの後ろに乗るのがダメという方は車を選べばいいのでしょうが、バイクのほうが安くて早いです。バリ島には公共の移動手段がほとんどないので、一人で移動するには車頼んだりすると結構な金額になります。なので、グラブができてから便利になりました。ちなみにバイクレンタルも盛んですが、無免許なので事故ったら事故責任です。便利グッズは、タッパー。ちょっとして食べかけとか残しておくと虫やアリがくるので、タッパーに入れて冷蔵庫へ入れます。長期滞在じゃなければ必要ないでしょうね。私はダニ取シートを持っていきます。ベッドの端っこに入れておいて、掃除のスタッフにはこれは捨てないでとお願いしてます。バリ人は平気みたいですが、日本人はダニにやられることがあります。私は特に、蚊対策も重要なので、必ず現地で蚊取り線香や噴射式のシューを買います。

バリ島は南国というイメージですが、日本の都会の夏のほうがきっついです。乾季は朝晩涼しいので長袖が必要です。私は特に山の中に滞在しますので、結構厚めのトレーナーとか、乾季には風邪ひかないように注意もします。免疫が強いほうなのでお腹を壊したことはありませんが、その辺は個々によって違うと思います。ローカルの屋台のものとか、安くておいしくておすすめなんですが、自己責任でチャレンジしてみてください。ナイトマーケットなど、場所にもよりますが、サヌールなんて観光客でいっぱいですので、比較的安心かと思います。日本人女性はもてます!やさしい・かわいい・などバリ男性はそう思ってます。でも、その裏でお金持ってるということもわかってます。バリ女性や欧米人、韓国中国人、けっこう女性が強いので日本女性はやさしいと思われてますが、嫌なものはNO!とはっきり言えるといいと思います。あと、マネーチャンジには必ず自分でもう一度数えることを徹底してください。安心な店で目の前で数えてくれたとしても、私は必ず自分で数えなおします。お互いの信頼関係になり、次回も同じ店で両替すると、覚えてくれてて、また来たの?なんて簡単な会話もします。バリ人はすごく人を覚えるのが得意なんだと思うことがあります。一度あったことがある人に呼び止められたり、そういう人懐っこいとこもリピートしている要因かもしれません。

NO IMAGE
twitterでもバリの現地情報を発信してます!